CBR250R買取

ホンダ CBR250Rを高価買取いたします!

ホンダ CBR250Rを買取中!初代は1987年3月に発売され、2017年2月現在も生産されている250ccスーパースポーツバイク、ホンダ CBR250Rを絶賛買取しております。埼玉県や東京都、神奈川県、千葉県は出張買取実施中。ご売却や無料査定ご希望の方は今すぐアットバイク川口までご連絡ください。無料査定フォームはこちらです。

ホンダ CBR250Rの買取額

ホンダ CBR250R当社規定最高買取額 ¥293,000

ホンダ CBR250Rは1987年3月の発売以来、2017年現在でも製造・販売されているスーパースポーツです。現行モデルは水冷4バルブDOHC単気筒250ccエンジン(MC41E型)を搭載しています。当店のCBR250Rの最高買取額は293,000円です(2017年2月現在)。ぜひ、無料査定の上、ご売却をお願いいたします。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、保管状態やメンテンナンス状態により買取価格が大きく左右されます。カスタム車や事故車、不動車も大歓迎です。無料査定フォームはこちら。

ホンダ CBR250Rについて

1987年(昭和62年)3月にCBR250FOURの上級車として初代CBR250R(MC17)は発売されました。250ccクラス初のカムギア・トレーンやフルカバードフェアリング、前後分離シートを採用。後輪にアルミ製リアフォーク、ステップまわりにジュラルミン製ペダルなど高級素材を多く使用し軽量化も図られています。さらに前輪2枚、後輪1枚のトリプルディスクブレーキを採用していました。エンジンは18.000rpmまで向上し、低回転域から高回転域まで幅広い回転域で円滑な走行を可能としています。

1988年(昭和63年)5月にはフルモデルチェンジが行われ2代目CBR250Rになり、型式もMC19に変更されました。デュアルヘッドライトやミラーの変更、異形5画目の字断面アルミツインチューブフレーム採用、後輪のサイズ変更、低シート高化、エアクリーナとキャブレター変更などで、更にロードスポーツとして進化しました。2代目はその後、カラーの追加やバリエーション変更が行われましたが、1990年(平成2年)3月に後継モデル、CBR250RRへの生産切り替えに伴い製造中止になります。

3代目CBR250R(JBK-MC41)は2011年(平成23年)3月に復活・発売されました。主要生産国はタイに変更、水冷4バルブDOHC単気筒エンジン(MC41E型)には世界初のローラーロッカーアームを採用。単気筒の振動を低減機能やPGM-FI(自動燃料噴射装置)、排気ガス再燃焼装置、キャタライザー内蔵マフラーに変更などが行われ、環境や騒音にも配慮されています。同時にABSモデルも5万円アップでラインナップされています。2012年(平成24年)11月、マイナーチェンジと特別カラーの限定車が2013年モデルとして発売されました。2014年(平成25年)4月には2014モデルを発売。二眼タイプヘッドライトや各部カウルの変更、低シート高化、マフラーの形状変更、カラー変更などがおこなわれています。2017年2月現在でもCBR250Rは現行モデルとして製造・販売されています。

ホンダ CBR125Rの無料査定フォームはこちら。

フォーム査定はここをクリックして下さい

メーカー別買取強化車種を調べる

メーカー別買取強化中のバイクは以下のリンクからどうぞ!

  • ホンダ
  • スズキ
  • ヤマハ
  • カワサキ
  • その他のメーカー

こちらに掲載されていないバイクも買取しておりますので、スタッフまでお問い合わせください。

フォーム査定はここをクリックして下さい