シャドウ400/スラッシャー/クラシック/カスタム買取

ホンダ シャドウ400やシャドウ スラッシャー、クラシック、カスタムを高価買取いたします!

ホンダ シャドウ400を買取中!クラッシックスタイルの400ccアメリカンバイク、ホンダ シャドウ400やスラッシャー400、クラシック400、カスタム400を高値で買取しております。埼玉県や東京都、神奈川県、千葉県は出張買取実施中。ご売却や無料査定ご希望の方は今すぐアットバイク川口までご連絡ください。不動車や事故車でも構いません。無料査定フォームはこちらです。

シャドウ400の買取額

ホンダ シャドウ400当社規定最高買取額 ¥250,000

ホンダ シャドウ400は1997年3月に発売された水冷4サイクルOHC3バルブV型2気筒398ccエンジン搭載のアメリカンスタイルのバイクです。当店のシャドウ400の最高買取額は250,000円です(2017年2月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、高年式で走行距離の短い車両の方が高価買取が望めます。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

シャドウ スラッシャー400/DXの買取額

ホンダ シャドウ スラッシャー400当社規定最高買取額 ¥162,000

ホンダ シャドウ スラッシャー400は2000年2月に発売された、チョップド・ローダウン・フォルム(より低く長いフォルム)のシャドゥです。当店のシャドウ スラッシャー400及び400 DXの最高買取額は162,000円です(2017年2月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、高年式で走行距離の少ないものは高価買取しております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

シャドウ クラシック400の買取額

ホンダ シャドウ クラシック400当社規定最高買取額 ¥355,000

ホンダ シャドウ クラシック400は2008年11月に発売されたシャドウ400の後継2モデルの内の1台で、ディープフェンダーやPGM-FIなど採用されています。当店のシャドウ クラシック400の最高買取額は355,000円です(2017年2月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、高年式で走行距離の少ないものは高価買取しております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

シャドウ カスタム400の買取額

ホンダ シャドウ カスタム当社規定最高買取額 ¥301,000

ホンダ シャドウ カスタム400は2008年11月に発売されたシャドウ400の後継2モデルの内の1台で、21インチフロントホイールやショートフェンダー、PGM-FIなどが採用されています。当店のシャドウ カスタム400の最高買取額は301,000円です(2017年2月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、高年式で走行距離の少ないものは高価買取しております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

ホンダ シャドウ400シリーズについて

ホンダ シャドウ400(型式:NC34)はアメリカンスタイルのロング&ローの大型ボディに水冷4サイクルV型2気筒398ccエンジンを搭載したクルーザーです。初代は1997年3月に発売されており、1本出しマフラーやワイドレシオのギア、前輪17インチ+後輪15インチホイール等が採用されています。各部にクロームメッキ仕上げがなされ高い質感となっっています。1998年10月にはカラーリング変更、1999年4月には前後フェンダーやヘッドライトなどを新パーツにした特別仕様車が発売されています。2001年にはエアインジェクションシステム(二次空気導入装置)採用により排ガス規制に対応、型式もBC-NC34に変更されています。また、従来より2cm低いシート高になっています。2004年2月にはマイナーチェンジが行われ、チェンジペダル変更やステップボード、キャブレタースロットルセンサーの採用などユーザーの扱いやすさの向上がなされています。その後、同年11月や2006年2月と12月、2007年12月にカラーリングの変更がなされ、2008年1月には期間限定で一部カラーを変更した特別仕様車(限定500台)も発売されています。2008年10月にフルモデルチェンジとなり、シャドウ クラシック400とシャドウ カスタム400の2車種に分化となりました。

シャドウ スラッシャー(BC-NC40)は2000年2月に発売されたシャドウ400の派生モデル(パフォーマンスデザイン採用)です。『チョップド・ローダウン・フォルム』をコンセプトに、より低く長いロー&ロングボディになりました。力強いデザインのフューエルタンクやショートスラッシュのフロントフェンダー、タンデム仕様のシート、低シート高(645mm)、2本出しロングメガホンマフラー等が採用されています。2001年1月にはカラーリング変更と、ゆったりとしたライディングが可能なプルバックハンドルモデルが追加されました。その後の2004年12月、2006年2月、同年12月にはカラーリング変更がなされています。

シャドウ クラシック400(EBL-NC44)は2008年11月に発売された、シャドウ400の後継モデルの2車種の内の1台です。ロー&ロングデザインを踏襲し、ティアドロップ型タンクやディープフェンダー採用でよりクラシカルなアメリカンカスタムスタイルになっています。新設計の水冷4ストロークOHC V型2気筒400ccエンジンとPGM-FI(電子制御燃料噴射装置)が搭載され、より中低速域重視になり、低燃費になっています。キャタライザー(触媒装置)内蔵マフラーで排ガス対策もなされています。各部の見直しでライディングポジションの自由度が高まり、シート変更で足着き性が向上されています。

シャドウ カスタム400(EBL-NC45)はシャドウ クラシック400と同様に、2008年11月にャドウ400の後継モデルとして発売されました。21インチフロントホイールやショートフェンダー採用、理想的な三角形をボディデザインに取り入れたスタイリッシュで軽快なルックスになっています。シャドウ クラシック400同様に、新設計の水冷4ストロークOHC V型2気筒400ccエンジンとPGM-FI(電子制御燃料噴射装置)が搭載され、より中低速域重視になり、低燃費になっています。キャタライザー(触媒装置)内蔵マフラーで排ガス対策もされています。ハンドルやステップ、シート位置を変更し足着き性が高まり、ライディングポジションの自由度も広がっています。また、フロントホイールを21インチにすることで、軽快なハンドリングが可能になっています。

2017年2月現在、シャドウ400シリーズは全て生産終了となっています。無料査定フォームはこちら。

フォーム査定はここをクリックして下さい

メーカー別買取強化車種を調べる

メーカー別買取強化中のバイクは以下のリンクからどうぞ!

  • ホンダ
  • スズキ
  • ヤマハ
  • カワサキ
  • その他のメーカー

こちらに掲載されていないバイクも買取しておりますので、スタッフまでお問い合わせください。

フォーム査定はここをクリックして下さい