スティード600買取

ホンダ スティード600を高価買取いたします!

ホンダ スティード600を買取中!1988年1月に初代が発売された、ホンダ初の600ccクラスの本格的アメリカンバイク、ホンダ スティード600(型式:PC21)を高値で買取しております。埼玉県や東京都、神奈川県、千葉県は出張買取実施中。ご売却や無料査定ご希望の方は今すぐアットバイク川口までご連絡ください。不動車や事故車でも構いません。無料査定フォームはこちらです。

スティード600の買取額

ホンダ スティード600当社規定最高買取額 ¥115,000

ホンダ スティード600(型式:PC21)は水冷4サイクルV型2気筒583ccエンジンを搭載し、ティラーバーハンドルや4速ミッション採用のロング&ローなホンダ初の本格的アメリカンバイクです。当店のホンダ スティード600の最高買取額は115,000円です(2017年2月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、メンテナンスがしっかりと行われ、保管状態がよく、走行距離の少ないものは高価買取が可能です。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

ホンダ スティード600について

1988年1月、スティード600(型式:PC21)はホンダ初の本格的な600ccクラスのアメリカンバイクとして発売されました。水冷4サイクルV型2気筒583ccエンジン(PD06E型)を搭載したワイドレシオの4段ミッション車です。1,600mmのロングホイールベースと低シート高(680mm)のロング&ロースタイルを採用、ゆったりとクルージングが楽しめるスポーツバイクとなっています。ティアドロップ型タンクや2本右しマフラー、手前寄ったティラーバーハンドル採用など本格的なアメリカンカスタムとなっています。ハンドルはティラーバータイプかフラットバータイプが選べました。
1990年5月にはキャンディワインベリーレッド&ブラックのカラーリングに変更、また背もたれが後部シートに追加されています。
1992年3月にはキャンディワインベリーレッド&ブラックと、パールアルテールホワイト&センシティブブルーメタリックの2色へカラーリング変更がされています。
1993年1月には燃料タンクが容量9Lから11Lに変更され、カラーリングもブラック&グラニットブルーメタリックに変更されています。
1994年1月にはブラック&キャンディワインベリーレッドにカラーリング変更。
1994年7月にはパールコーラルリーフブルー &パールフェイドレスホワイト色が追加されます。
1995年12月にはタンク両サイドに立体エンブレムが採用されます。
1998年に生産終了。

ホンダ スティード600シリーズの無料査定フォームはこちら。

フォーム査定はここをクリックして下さい

メーカー別買取強化車種を調べる

メーカー別買取強化中のバイクは以下のリンクからどうぞ!

  • ホンダ
  • スズキ
  • ヤマハ
  • カワサキ
  • その他のメーカー

こちらに掲載されていないバイクも買取しておりますので、スタッフまでお問い合わせください。

フォーム査定はここをクリックして下さい