バンディット400/V買取

スズキ バンディット400や400Vを高価買取いたします!

スズキ バンディット400/Vを買取します。1989年の発売以来2000年まで販売された400ccのロングセラー、ネイキッドモデルのスズキ バンディト400や、VCエンジンを搭載したバンディト400Vを高価買取いたします。埼玉県や東京都、神奈川県、千葉県は出張買取実施中。ご売却や無料査定ご希望の方は今すぐアットバイク川口までご連絡ください。不動車や事故車でも構いません。無料査定フォームはこちらです。

スズキ バンディット400の買取額

スズキ バンディット400当社規定最高買取額 ¥160,000

スズキ バンディット400は1989年に前期モデル(GK75A)が発売され、1995年には外装の大幅変更やスイングアーム他の軽量化がなされた後期モデル(GK7AA)が発売されています。1997年型まで製造されロングセールを記録したネイキッドロードスポーツです。セパレートハンドルとバーハンドルとが選べました。当店のバンディット400の最高買取額は160,000円です(2017年7月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、なるべく高年式で低走行、メンテンナンスや車両の保管がしっかりされているもの、外装のキレイなものなどは高価買取をしております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

スズキ バンディット400Vの買取額

スズキ バンディット400V当社規定最高買取額 ¥260,000

スズキ バンディット400Vは、バンディット400をベースに可変バルブタイミング機構採用のVCエンジンが搭載されたモデルです。高回転域での伸びが良くなるのが特徴で1991年に前期モデルが発売されています。当店のスズキ バンディット400Vの最高買取額は260,000円です(2017年7月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、なるべく高年式で低走行、メンテンナンスや車両の保管がしっかりされているもの、外装のキレイなものなどは高価買取をしております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

スズキ バンディット400/Vについて

スズキ バンディット400
スズキ バンディット400は1989年6月に発売されています(型式:GK75A)。丸目ヘッドライトに鋼管丸パイプのダイヤモンドフレーム、水冷4ストローク4気筒399ccエンジン(最高出力59ps)、セパレートハンドルを装備していました。翌年6月にはパイプハンドルタイプが発売され、ユーザーはセパレートとパイプタイプから好みのハンドルを選ぶことができました。セパレートハンドルと燃料タンクが当たらない様に、燃料タンクがえぐられた様な独特な形状になっています。
1992年11月にはローポジションのバーハンドルであるコンチネンタルハンドル仕様車が発売、エンジン最高出力は53psに抑えられています。
1995年1月にはモデルチェンジで後期モデル(GK7AA)となり、外観の大幅変更やセパレートハンドル、アルミ製スイングアーム採用等で車重が10kg軽くなっています。

スズキ バンディット400V
スズキ バンディット400Vは1991年6月に発売されています。400V(型式:GK75A)には油圧でエンジン回転数に応じてローカム(中低速用)とハイカム(高速用)を、切り替える可変バルブタイミング機構を装備したVCエンジンが搭載されています。ハンドルはセパレートハンドル仕様のみ、エンジンはバンディット400と同じ最高出力59psとなっています。
1992年10月にはマイナーチェンジでエンジンの最高出力が53psにローダウンされます。
1993年11月にはカラーバリエーションが変更になっています。
1995年1月にはバンディット400と同様に、後期モデル(GK7AA)にモデルチェンジが実施され、外観の大幅変更やセパレートハンドル、アルミ製スイングアーム採用等で車重が10kg軽くなっています。
1996年2月、1997年2月にカラーバリエーションが変更になっています。

バンディットシリーズは2000年で生産終了になっています。

スズキ バンディット400/Vの無料査定フォームはこちら。

フォーム査定はここをクリックして下さい

メーカー別買取強化車種を調べる

メーカー別買取強化中のバイクは以下のリンクからどうぞ!

  • ホンダ
  • スズキ
  • ヤマハ
  • カワサキ
  • その他のメーカー

こちらに掲載されていないバイクも買取しておりますので、スタッフまでお問い合わせください。

フォーム査定はここをクリックして下さい