グラストラッカー買取

スズキ グラストラッカーを高価買取いたします!

スズキ グラストラッカーを買取中!アメリカなどの草原レース(オフロード)とストリートのイメージを掛け合わせて2000年4月に発売された、スズキ グラストラッカーを高価買取いたします。埼玉県や東京都、神奈川県、千葉県は出張買取実施中。ご売却や無料査定ご希望の方は今すぐアットバイク川口までご連絡ください。不動車や事故車でも構いません。無料査定フォームはこちらです。

スズキ グラストラッカーの買取額

スズキ グラストラッカー当社規定最高買取額 ¥140,000

スズキ グラストラッカー(通称グラトラ)は草原レース(グラストラック)仕様のイメージと、通常のオンロードの要素を合わせて開発されたストリート系バイクです。250ccとしては小柄で軽量なボディーは取り回しがし易く、2017年6月現在でも人気の高い車種となっています。当店のスズキ グラストラッカーの最高買取額は140,000円です(2017年6月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、なるべく高年式で低走行、メンテンナンスや車両の保管がしっかりされているもの、外装のキレイなものなどは高価買取をしております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

スズキ グラストラッカーについて

グラストラッカー2000年4月に発売されています。開発コンセプトは草原レース仕様車とオンロードを合わせたストリートバイク。最高出力20psの空冷単気筒4サイクルSOHC4バルブ249ccエンジン(J424型)を搭載。エンジン始動はセルとキックの両方を採用されました。構造がシンプルかつタフなエンジンと250ccクラスとしては小型で軽量なボディーの組み合わせで、発売時点から人気車となっています。燃料タンクやスリムなシート、幅広のハンドルが採用されています。

2001年11月にはマイナーチェンジが実施されます。エンジン始動はセル方式のみとし、マフラーのシンプル化、ブレーキレバー、ヘルメットホルダの変更やパッシングライトスイッチ、ハンドルバランサなどを廃止し、前モデルから4万5千円のコストダウン化がなされました。

2004年4月のマイナーチェンジではメッキシリンダーを採用した空冷単気筒4サイクルSOHC2バルブエンジン(J438型)が採用されています。他にもエキゾーストパイプの1本化、車両重量が3kgダウン、マフラーのシンプル化、メインステップやフレームの変更、バッテリーのメンテナンスフリー化等がなされています。

2008年9月には排ガス規制へ対応のためマイナーチェンジが行われました。フューエルインジェクションと触媒付マフラーが採用され、燃費と始動性の向上、低排出ガス化がなされています。更に燃料タンクの大容量化(6L→8L)やシートの改良、燃料残量警告灯が追加されています。

 

グラストラッカーは現行モデルとして現在(2017年6月)でも製造・販売されています。スズキ グラストラッカーの無料査定フォームはこちら。

フォーム査定はここをクリックして下さい

メーカー別買取強化車種を調べる

メーカー別買取強化中のバイクは以下のリンクからどうぞ!

  • ホンダ
  • スズキ
  • ヤマハ
  • カワサキ
  • その他のメーカー

こちらに掲載されていないバイクも買取しておりますので、スタッフまでお問い合わせください。

フォーム査定はここをクリックして下さい