T500買取

スズキ T500を高価買取いたします!

スズキ T500シリーズを買取いたします!1968年から1975年に発売されたスズキの空冷2ストロークピストンバルブ2気筒492ccのネイキッドバイク、スズキ T500シリーズを高価買取いたします。埼玉県や東京都、神奈川県、千葉県は出張買取実施中。ご売却や無料査定ご希望の方は今すぐアットバイク川口までご連絡ください。不動車や事故車でも構いません。無料査定フォームはこちらです。

スズキ T500の買取額

スズキ T500当社規定最高買取額 ¥700,000

スズキ T500シリーズは1968年のT500 I コブラから1975年発売の最終モデルのT500 Mまでを指します。T500シリーズは4ストロークではなく、2ストロークながら大排気量492ccエンジンを搭載した稀有なモデルです。当店のスズキ T500シリーズの最高買取額は700,000円です(2017年8月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、なるべく高年式で低走行、メンテンナンスや車両の保管がしっかりされているもの、外装のキレイなものなどは高価買取をしております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

スズキ T500シリーズについて

スズキのT500シリーズは1968年発売のT500 I コブラから始まります。空冷2ストロークピストンバルブ2気筒492ccエンジンを搭載し、キャリアやサイドバッグを取り付けのに十分なロングホイールベースを採用、安定した運転性能も得ています。乾燥重量は185kgでした。

1969年にはT500 IIタイタンが発売されます。よりスマートに燃料タンクの形状を変更し、より洗練されたスタイリングを採用。エンジンのピストンの剛性を上げ同排気量ながら最高出力47psとなっています。フロントマッドガードのなど各部を軽量化されています。

1970年にはT500 III タイタンが発売されます。基本仕様はT500 IIタイタンと変わらずカラーリングやタンクへの装飾が変更されています。乾燥重量190kg。

1971年にはT500Rが発売されます。基本仕様はT500 III タイタンと変わりなく、燃料タンクのSUZUKIのエンブレムが金属製に変更されています。

1972年にはT500Jが発売されます。燃料タンクの装飾デザインが派手なものになり、テールライトのレンズが変更されています。

1973年にはT500Kが発売されます。カラーリングや燃料タンクの装飾デザインが変わり、ギヤボックスオイルを1.4Lに変更、エンジン最高出力は44ps、乾燥重量187kgとなっています。

1974年にはT500Lが発売されます。カラーリングや燃料タンクの装飾デザインが変更、それ以外はT500Kと変わりません。

1975年には最終モデルのT500Mが発売されます。カラーリングが変更されています。T500Mの後継モデルはGT500になります。

スズキ T500シリーズの無料査定フォームはこちら。

フォーム査定はここをクリックして下さい

メーカー別買取強化車種を調べる

メーカー別買取強化中のバイクは以下のリンクからどうぞ!

  • ホンダ
  • スズキ
  • ヤマハ
  • カワサキ
  • その他のメーカー

こちらに掲載されていないバイクも買取しておりますので、スタッフまでお問い合わせください。

フォーム査定はここをクリックして下さい