BW’S買取

ヤマハ BW’Sを高価買取いたします!

ヤマハ BW’S(ビーウィズ)を買取します!丸型2眼ヘッドライトやワイドタイヤなどオフロードイメージを採用し、様々な場面で活躍する50cc原付レジャーバイクとして開発されたヤマハ BW’Sを高価買取いたします。埼玉県や東京都、神奈川県、千葉県は出張買取実施中。ご売却や無料査定ご希望の方は今すぐアットバイク川口までご連絡ください。不動車や事故車でも構いません。無料査定フォームはこちらです。

ヤマハ BW’Sの買取額

ヤマハ BW’S当社規定最高買取額 ¥115,000

ヤマハ BW’S(ビーウィズ)は、1988年に初代が発売された、オフロードイメージの原付50ccのレジャーバイクです。丸型2眼ヘンドライトに大型ワイドタイヤやロングストロークサスペンションが採用され、ダート走行も可能なほど本格的な造りとなっていました。1998年にはフルモデルチェンジと共に生産は台湾へ移管されています。2012年には4サイクルエンジン搭載車になります。2016年2月には新型エンジンで馬力や燃費性能がアップし、2017年9月に生産終了が発表されました。当店のヤマハ BW’Sの最高買取額は115,000円です(2017年9月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、なるべく高年式で低走行、メンテンナンスや車両の保管がしっかりされているもの、外装のキレイなものなどは高価買取をしております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

ヤマハ BW’Sについて

BW’S(CW50)はオフロード走行も含めたあらゆるシチュエーションにも対応できる原付50ccクラスのレジャーバイクとして19880年4月に発売されました。埋め込み型丸型2眼ヘンドライトや前後ワイドタイヤ、ロングストロークサスペンションなど本格的な装備となっていました。

1989年1月にはBW’Sをベースに、120/90-10、130/90-10のワイドタイヤとリアキャリアを標準装備した派生モデルのBW’S スポーツ(CW50S)が発売されています。その後、数年でBW’Sシリーズは生産終了となります。

1998年5月には『ダイナマイトスクーター』のキャッチコピーでフルモデルチェンジされ復活します(YW50)。ヘッドライトは埋め込み型からガード付の2眼丸眼の突出型となり、前輪ディスクブレーキやキャストホイール、ハンドルガードが採用され。トランクもメットイン収納になりました。生産は台湾ヤマハで行われました。

2012年10月には4.0psの水冷4ストロークSOHC3バルブエンジン49ccエンジンとフューエルインジェクションを搭載して再度復活します(YW50F)。ヘッドライトガードやハンドルガードは廃止され、リアキャリアと丸目2眼ヘッドライトの大型化、幅広バーハンドル、前後120/90-10のワイドタイヤ等が採用されています。。

2014年2月にはグラフィックとカラーバリエーションが変更されます。

2016年には排気系やフューエルインジェクションの変更でよりエンジン性能や燃費性能が向上しました。

2017年9月1日に同車種の生産終了が発表されました。

ヤマハ BW’Sの無料査定フォームはこちら。

メーカー別買取強化車種を調べる

メーカー別買取強化中のバイクは以下のリンクからどうぞ!

  • ホンダ
  • スズキ
  • ヤマハ
  • カワサキ
  • その他のメーカー

こちらに掲載されていないバイクも買取しておりますので、スタッフまでお問い合わせください。

フォーム査定はここをクリックして下さい