ギア買取

ヤマハ ギアを高価買取いたします!

ヤマハ ギアを買取いたします!1994年9月の発売以来数度のモデルチェンジを経て、現在(2017年9月)でも生産が継続されているスクータータイプのビジネスユースバイク、ヤマハ ギアを高価買取いたします。埼玉県や東京都、神奈川県、千葉県は出張買取実施中。ご売却や無料査定ご希望の方は今すぐアットバイク川口までご連絡ください。不動車や事故車でも構いません。無料査定フォームはこちらです。

ヤマハ ギアの買取額

ヤマハ ギア当社規定最高買取額 ¥70,000

ヤマハ ギアは新聞やお酒・米、ピザなどの商品や荷物を大量に積載・配達の出来るビジネスバイクとして開発されました。ギアチェンジの煩わしさを無くしたスクータータイプは誰でも運転が出来、荷物を上限まで積んだ状態でも走行性能や乗降性能が損なわれないのがウリとなっています。当店のヤマハ ギアの最高買取額は70,000円です(2017年9月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、なるべく高年式で低走行、メンテンナンスや車両の保管がしっかりされているもの、外装のキレイなものなどは高価買取をしております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

ヤマハ ギアについて

ギアは新聞やピザ、その他荷物を大量に乗せて走るビジネスバイクとして開発、1994年9月に発売されました。ギア操作を無くしオートマとしたことで、ギア操作の経験がなない人でも運転ができ、十分な積載性と走行性を合わせ持っていたことから、一躍ヒットモデルとなりました。初代(BA50)は5.0psの空冷2サイクル単気筒49ccエンジンや20kg積載可能なフラットな荷台、大容量9L燃料タンク、10kg対応可能なフロントフックなどを装備。ワンタッチセンタースタンド付のBA50Sや一体型リアボックス標準装備のBA50STも設定されていました。
1996年5月には新聞配達仕様のニュースギア(BA50N)が登場。フットベダル式リアブレーキ、サイドスタンド、パーキングロック、大型リアキャリア、前カゴ、ハンドルプロテクターなどが標準装備されています。

1999年にはマイナーチェンジを実施。排ガス規制対策としてマフラーに触媒を採用し、またリアブレーキのドラム径を110mmから20mmアップ、制動性能が向上しています。ベーシックモデルのBA50に加えて、パーキングスタンド付のBA50S、新聞配達仕様車のニュースギア BA50N、新聞配達仕様+グリップヒーターのBA50NHが設定されています。

2004年8月にはベースモデルのBA50をベースにしたストリートカスタムイメージのギアC(BA50C)を発売。カラーバリエーションを多数用意し、クロムメッキパイプハンドル、燃料メーター類、小型フロントフェンダーなどが装備されています。

2007年10月にはフルモデルチェンジを実施。水冷4ストロークSOHC3バルブ単気筒49ccエンジンにフューエルインジェクションが採用され燃費や始動性が向上しています。フレームは新設計され、乗り心地と足着き性が向上した新シートとフットボードが装備されています。ベーシックモデルのギア BX50と新聞配達仕様のニュースギア BX50Nが設定されています。また、生産は台湾ヤマハに移管されています。

2015年5月にモデルチェンジが実施され、フューエルインジェクションの『O2フィードバック制御』導入で燃費性能がアップしています。

2017年には平成28年環境規制に対応するためのマイナーチェンジを行っていますが、スペックに変更はありません(型式が変更されています)。

ヤマハ ギアの無料査定フォームはこちら。

メーカー別買取強化車種を調べる

メーカー別買取強化中のバイクは以下のリンクからどうぞ!

  • ホンダ
  • スズキ
  • ヤマハ
  • カワサキ
  • その他のメーカー

こちらに掲載されていないバイクも買取しておりますので、スタッフまでお問い合わせください。

フォーム査定はここをクリックして下さい