RZ50買取

ヤマハ RZ50を高価買取いたします!

ヤマハ RZ50を買取いたします!水冷2サイクル72psのパワフルエンジンを搭載し、1982年に発売され人気を博したものの90年代初頭に生産終了。1998年に外観を一新し復活・再デビューを遂げた国産車最後の2サイクルスポーツ、ヤマハ RZ50を高価買取いたします。埼玉県や東京都、神奈川県、千葉県は出張買取実施中。ご売却や無料査定ご希望の方は今すぐアットバイク川口までご連絡ください。不動車や事故車でも構いません。無料査定フォームはこちらです。

ヤマハ RZ50の買取額

ヤマハ RZ50当社規定最高買取額 ¥190,000

ヤマハ RZ50は初代と2代目に分かれます。初代は1982年から90年台前半の生産終了まで製造されたモデルで、最高出力7.2psの水冷2ストロークピストンリードバルブ単気筒49ccエンジンを搭載し、フロントディスクブレーキに四角ヘッドライトや前後キャストホイールなどが採用されていました。2代目モデルは、7.2psの出力は変わらず水冷2ストローククランク室リードバルブエンジンに変わり、丸目ヘッドライトやシート、サイドカバーなど外観は大きく変更されました。当店のヤマハ RZ50の最高買取額は190,000円です(2017年9月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、なるべく高年式で低走行、メンテンナンスや車両の保管がしっかりされているもの、外装のキレイなものなどは高価買取をしております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

ヤマハ RZ50について

RZ50は1982年に発売された、原付50ccクラスながら当時最高のスペックを持ったネイキッドタイプのゼロハンスポーツです。エンジンはハイパワーの7.2psの水冷2ストロークピストンリードバルブ単気筒を搭載し、6速トランスミッションやフロントディスクブレーキ、角目ヘッドライト、10本スポークの前後キャストホイール、角張ったサイドカバーなどが装備されていました。リミッターもついていなかった為、オーバー70km/hのその速さから一躍人気車種となりました。しかし、1983年9月の速度規制によりリミッターが装備になり、最高速度は時速60kmに制限されました。その後数度のモデルチェンジを経た後、90年代初頭に初代RZ50は生産終了になりました。

その後、1998年に2代目RZ50は外観を大きく変えてリリースされました。エンジンは水冷2ストローククランク室リードバルブ単気筒エンジンに変更されるものの、出力は初代同様の7.2psを発揮。角パイプスイングアームやモノクロスサス、前後スポークホイール、12V電装、セルスタータ、丸目ヘッドライトなどを装備。シートやテール形状も変更されTDレーサー寄りのイメージとなっていました。

その後、国産車最後の2ストロークスポーツモデルとして2007年まで生産が継続されました。

ヤマハ RZ50の無料査定フォームはこちら。

メーカー別買取強化車種を調べる

メーカー別買取強化中のバイクは以下のリンクからどうぞ!

  • ホンダ
  • スズキ
  • ヤマハ
  • カワサキ
  • その他のメーカー

こちらに掲載されていないバイクも買取しておりますので、スタッフまでお問い合わせください。

フォーム査定はここをクリックして下さい