ビーノ/デラックス買取

ヤマハ ビーノやビーノデラックスを高価買取いたします!

ヤマハ ビーノ/デラックスを買取中!女性を意識したオシャレなレトロデザインで1997年3月に発売されたヤマハ ビーノや、特別カラーやエンブレムなどを施したデラックス仕様のビーノデラックスを高価買取いたします。埼玉県や東京都、神奈川県、千葉県は出張買取実施中。ご売却や無料査定ご希望の方は今すぐアットバイク川口までご連絡ください。不動車や事故車でも構いません。無料査定フォームはこちらです。

ヤマハ ビーノの買取額

ヤマハ ビーノ当社規定最高買取額 ¥120,000

ヤマハ ビーノは女性をターゲットにレトロでポップな外観に2サイクル49ccエンジンを搭載して1997年に発売されました(XC50)。2004年には4サイクルエンジンになり、2007年にはフューエルインジェクションが採用されています。2016年以降はビーノデラックス(XC50D)に一本化されています。また、2017年9月6日には発売20周年を記念した1000台限定モデルの『Vino 20th Anniversary Edition』が発売されています。当店のヤマハ ビーノの最高買取額は120,000円です(2017年6月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、なるべく高年式で低走行、メンテンナンスや車両の保管がしっかりされているもの、外装のキレイなものなどは高価買取をしております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

ヤマハ ビーノデラックスの買取額

ヤマハ ビーノデラックス当社規定最高買取額 ¥120,000

ビーノデラックス(XC50D)は通常タイプのビーノをベースに、カラーリングやグラフィック、エンブレムなどを変更したデラックスモデルです。2016年以降はビーノデラックスがスタンダードモデルとなり一本化されています。当店のヤマハ ビーノの最高買取額は120,000円です(2017年6月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、なるべく高年式で低走行、メンテンナンスや車両の保管がしっかりされているもの、外装のキレイなものなどは高価買取をしております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

ヤマハ ビーノシリーズについて

初代ビーノは1997年3月に発売されています。女性に支持されるようレトロポップなデザインを採用し、ジョグアプリオと共通のフレームと空冷2ストローク49cc(6.3ps)エンジンを搭載していました。燃料タンクは6L、シート下のメットインスペースも20Lと大容量と高い実用性も高評価。プロモーションには当時の人気アーティストのPAFFYを使い一躍ヒットモデルとなっています。

1999年にはマイナーチェンジで排ガス規制に対応するため触媒をマフラーに装着しています。

2004年3月のモデルチェンジでメッキシリンダーを採用した水冷方式3バルブOHC4ストローク49ccエンジンに変更され、外観もオシャレさを継承しつつも丸みを強調したカワイイデザインとなっています。また、アルミキャストホイールが標準装備となりました。生産は台湾山葉機車工業へ移管されています。

2007年11月のモデルチェンジでは電子燃料噴射システムのフューエルインジェクションを搭載により燃費性能と始動性能が向上し、排ガス対策として排気系に触媒が装備されています。

2015年10月には排気系を見直しがなされてエンジンの馬力やトルクが向上しています。またフューエルインジェクションシステムの向上で燃費性能がアップしています。

2017年8月には国内排出ガス規制に適合いよるマイナーチェンジがなされています。

ビーノデラックスは、ベースモデルのビーノのカラーやグラフィック、エンブレムなどを変更した特別仕様車です。2016年以降はビーノデラックスがスタンダードモデルとして扱われています。また、2017年8月21日よりビーノ発売20周年を記念するアニバーサリーモデルのビーノ XC50D」20th Anniversary Editionが1000台限定で販売されています。レトロポップでカワイイスタイリングに大人っぽさを追加したモデルとなっています。

ヤマハ ビーノの無料査定フォームはこちら。

メーカー別買取強化車種を調べる

メーカー別買取強化中のバイクは以下のリンクからどうぞ!

  • ホンダ
  • スズキ
  • ヤマハ
  • カワサキ
  • その他のメーカー

こちらに掲載されていないバイクも買取しておりますので、スタッフまでお問い合わせください。

フォーム査定はここをクリックして下さい