シルバーウイング400/シルバーウイングGT400買取

ホンダ シルバーウイング400を高価買取いたします!

ホンダ シルバーウイング400やGT400を買取中!2001年11月発売以後、常に人気の400ccのビッグスクーター、ホンダ?シルバーウイング400やシルバーウイングGT 400を高値で買取しております。埼玉県や東京都、神奈川県、千葉県は出張買取実施中。ご売却や無料査定ご希望の方は今すぐアットバイク川口までご連絡ください。不動車や事故車でも構いません。無料査定フォームはこちらです。

シルバーウイングGT400/GT400 ABSの買取額

ホンダ シルバーウイングGT400当社規定最高買取額 ¥336,000

ホンダ シルバーウイングGT400は2009年3月に発売されたシルバーウイング400の最終モデルです。走行性能や快適性、上質感が向上され、外観も一新されました。ABS付タイプもラインナップされています。当店のシルバーウイングGT400の最高買取額は336,000円です(2017年2月現在)。人気車種につきアットバイクでは、買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、特にABS付で高年式、低走行車、外装のキレイな車両の方が高価買取が望めます。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

シルバーウイング400/400 ABSの買取額

ホンダ シルバーウイング400当社規定最高買取額 ¥233,000

初代シルバーウイング400は2001年11月にホンダのビッグスクーターのフラッグシップモデルとして発売されています。水冷4ストロークDOHC2気筒398ccエンジンを搭載。ABS装備タイプも発売されてます。当店のシルバーウイング400/ABSの最高買取額は233,000円です(2017年2月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、ABS付で高年式、走行距離の少ないもの等は高価買取が望めます。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

ホンダ シルバーウイング400シリーズについて

ホンダ シルバーウイング400(BC-NF01)は2001年11月にホンダのビッグスクーターのフラッグシップモデルとしてリリースされました。街乗りからツーリングまでの快適な走りを追求したバイクです。水冷4ストロークDOHC2気筒398ccのパワフルなエンジン(NF01E)を搭載し、シルバーウイング400シリーズ専用のTモード(登坂走行時などに低中回転域のトルクを増加させる機構)やPGM-FI(電子燃料噴射装置)低燃費でかつ高いスロットルレスポンスが味わえます。エアインジェクションシステム(二次空気導入装置)と、キャタライザー内蔵サイレンサー採用で国内排出ガス規制値の約1/2を実現しています。車体は600ccと同じボディを採用することで、快適なライディングポジションが得られます。他にも盗難防止のシャッター付メインスイッチや大容量55Lのラゲージボックス、インストルメントパネル左には大容量6L、右側は1.5Lの収納ボックスを装備し高い実用性も備えていました。2003年3月にはABS仕様車が5万円アップで登場しています。2004年3月にはマイナーチェンジで大径フロントディスクブレーキや10mmの低シート高化を図り足つき性を良くしています。その後、2005年と2007年にはカラーチェンジが行われています。

二代目は車名をシルバーウイングGT400(EBL-NF03)としてフルモデルチェンジされました。開発コンセプトは『Luxury(ラグジュアリー) GT 2-Seater(シーター)』。外観もより高級感のあるスポーティーなものに一新され、空力特性も向上しています。バルブのリフト量と開閉タイミングを変更し、低中回転域から高回転域まで余裕のある走りが可能になりました。PGM-FIの動作タイミングを見直しすることでより軽快な走行と低燃費性を向上させています。ハンドル回りも変更され振動が軽減しています。ABSを採用したシルバーウイングGT400 ABSも同時にリリースされています。2017年2月現在ではシルバーウイング400シリーズは全て生産終了となっています。

ホンダ シルバーウイング400の無料査定フォームはこちら。

フォーム査定はここをクリックして下さい

メーカー別買取強化車種を調べる

メーカー別買取強化中のバイクは以下のリンクからどうぞ!

  • ホンダ
  • スズキ
  • ヤマハ
  • カワサキ
  • その他のメーカー

こちらに掲載されていないバイクも買取しておりますので、スタッフまでお問い合わせください。

フォーム査定はここをクリックして下さい