イントルーダークラシック800買取

a

スズキ イントルーダークラシック400やイントルーダークラシック400 キャストホイール仕様を高価買取いたします!

スズキ イントルーダークラシック400/キャストホイール仕様を買取中!2001年3月に発売された400ccのアメリカンバイク、スズキ イントルーダークラシック400や、2006年3月発売の派生モデルのイントルーダークラシック400 キャストホイール仕様を高価買取いたします。埼玉県や東京都、神奈川県、千葉県は出張買取実施中。ご売却や無料査定ご希望の方は今すぐアットバイク川口までご連絡ください。不動車や事故車でも構いません。無料査定フォームはこちらです。

スズキ イントルーダークラシック400の買取額

スズキ イントルーダークラシック400当社規定最高買取額 ¥205,000

スズキ イントルーダークラシック400は2001年3月に発売された第4世代『VL系イントルーダー』の400ccクラスのモデルです。『LONG, LOW & BASIC』をコンセプトに全長2510mmの大きな車格に水冷狭角45°Vツイン399ccエンジンを搭載。クラシカルなリヤフェンダーや大容量17L燃料タンク、右2本出しスラッシュカットマフラー等採用されています。当店のスズキ イントルーダークラシック400の最高買取額は205,000円です(2017年6月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、なるべく高年式で低走行、メンテンナンスや車両の保管がしっかりされているもの、外装のキレイなものなどは高価買取をしております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

スズキ イントルーダークラシック400 キャストホーイール仕様の買取額

スズキ イントルーダークラシック400 キャストホーイール仕様当社規定最高買取額 ¥478,000

スズキ イントルーダークラシック400 キャストホイール仕様は2006年3月にラインナップに追加されています。イントルーダークラシック400をベースにアルミキャストホイールや鋲付シート、専用カラーが設定されています。当店のスズキ イントルーダークラシック400 キャストホイール仕様の最高買取額は478,000円です(2017年6月現在)。買取額は当社規定と相場価格を鑑みて算出しますが、なるべく高年式で低走行、メンテンナンスや車両の保管がしっかりされているもの、外装のキレイなものなどは高価買取をしております。また、事故車や不動車でも買取は可能です。ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。無料査定フォームはこちら。

スズキイントルーダークラシック400やイントルーダークラシック400 キャストホイールについて

イントルーダークラシック400は2001年3月にスズキより発売されたVL系第4世代のイントルーダーの400ccモデル(BC-VK54A)です。本格的なアメリカンらしく1655mmのロングホイールベースに足付き性の良い大きな車格を採用。エンジンは当時新開発の水冷4サイクルOHC4バルブV型2気筒エンジン399ccエンジンを搭載。右2本出しスラッシュカットマフラーや薄型幅広の燃料タンク、クラシカルなリアフェンダーなどが採用されています。
2002年3月にはカラーリングの追加、11月にはカラーリング追加とアラーム付きイモビライザーを後付け可能に変更されています。
2004年6月にはマイナーチェンジでフロントフォークやフットレストの変更。カラーバリエーションの変更が実施されます。
2005年3月には鋲付きシートや燃料タンクにグラフィックを配した特別モデルが発売されます。
2006年6月にはマイナーチェンジでハザードスイッチの位置他を変更されます。
2007年5月にはカラーバリエーションが変更されます。
2008年11月にはFI(フューエルインジェクション=自動燃料噴射装置)が採用され低燃費化とエンジンの始動性が向上され、型式もEBL-VK56Aに変更となります。盾形楕円形のエアクリーナーカバーを採用しています。
2010年10月にはカラーバリエーションが変更され、1色の設定になります。
2013年12月にはハンドルトップブリッジ下のエンブレムを変更、カラーリングが変更されます。

イントルーダークラシック400 キャストホイール仕様(BC-VK54A)は2006年3月に発売されています。イントルーダークラシック400をベースに、鋲付シートや専用カラー、前後にキャストホイールとチューブレスタイヤを採用しています。
2007年2月には精悍な黒を基調とした特別カラーの『ブラックエディション』を発売しています。
2008年1月には新色を追加しカラーバリエーションが変更されています。
2008年11月にはイントルーダークラシック400同様にFI(フューエルインジェクション=自動燃料噴射装置)が採用され低燃費化とエンジンの始動性が向上され、型式もEBL-VK56Aに変更となります。盾形楕円形のエアクリーナーカバー、大型LEDテールランプが採用されています。
2009年1月には2つの特別仕様車『ブラックエディション』と『ホワイトエディション』を発売しています。
2010年1月にはカラー変更(パールミラージュホワイトのグラフィックを変更)が実施されます。
2010年12月には新色グラスミッドナイトブラウンが追加されます。
2014年1月にはハンドルトップブリッジ下のSエンブレムを変更。カラーバリエーションはグラスミッドナイトブラウンとパールミラージュホワイトの2色としています。
2013年12月にはハンドルトップブリッジ下のエンブレムを変更、カラーリングが変更されます。

スズキ イントルーダークラシック400及びイントルーダークラシック400 キャストホイール仕様の無料査定フォームはこちら。

フォーム査定はここをクリックして下さい

メーカー別買取強化車種を調べる

メーカー別買取強化中のバイクは以下のリンクからどうぞ!

  • ホンダ
  • スズキ
  • ヤマハ
  • カワサキ
  • その他のメーカー

こちらに掲載されていないバイクも買取しておりますので、スタッフまでお問い合わせください。

フォーム査定はここをクリックして下さい